SPORTS STACKINGとは?

スポーツスタッキング(カップスタッキング、スピードスタッキング)とは、複数のプラスチック製カップを、決められた型に積み上げたり崩したりして、1/100秒単位でスピードを競うスポーツ。
競技としてのルールも細かく確立されており、年齢・体力・性別を問わない。

 

歴史

1985年頃にアメリカ合衆国・南カリフォルニアで、子供達が紙コップで遊んでいた事から発祥。

1990年にテレビ番組『The Tonight Show』にカップスタッキングとして紹介され、注目される。
コロラド州で小学校教師をしていたボブ・フォックスが、スポーツとしての教育的効果を感じ、教え子達にも紹介する。

その広がりがテキサス州に渡った後、1998年にボブは教師を退職し、WSSA(世界スポーツスタッキング協会)・スピードスタックス社を設立、普及と振興に専念する。

日本ではボブの実弟、ジョン・フォックスが2005年にスピードスタックスジャパンを設立。
スポーツスタッキングは世界中に広がりを見せており、WSSA主催の公式スポーツ競技として、世界大会も開かれている。

手先の鍛錬、反射神経や集中力、またチームでの競技をする事によって協調性が促進するとして、多数の国で学校の授業や、高齢者のリハビリ等にも取り入れられている。

 

HOME    戻る

一覧

アジアキッズスポーツ協会とは
KIDS DANCE
SPORTS STACKING
EVENT
その他